MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  スポーツカーは高い?自動車保険料を決定する仕組み

スポーツカーは高い?自動車保険料を決定する仕組み

あなたの自動車保険料の計算には、等級や年齢などのほか、車の種類も大きく影響してきます

例えば、スピードが出せるスポーツカーは保険料が高く、ファミリー向けのコンパクトカーは

同じ補償内容でも保険料が安くなります。双方の車には車両の価格に差があるのだから当然、

と思われるかもしれません。実は保険料の算定には車両の価格だけでなく、事故率を表す

車両料率クラス」が大きく影響してくるのです。

 

クルマの分類のしかたには大型、小型といった大きさによる分類や、

「クラウン」「カローラ」といった車名による分類の仕方があります。

それよりも詳細な分類として車両型式があります。

例えばトヨタの「マーク2」という同じ車種でもGX100、JZX110…といった具合に

まったく別の型式が振り分けられているのです。この車両型式は、車のタイプや年式で異なります。

 

自動車保険では、この車両型式ごとに設定された「料率クラス」を保険料算出の目安としています。

この車両料率クラスは「対人賠償保険」、「対物賠償保険」、

「傷害保険(搭乗者傷害・人身傷害)」、「車両保険」の4つの項目

で設定されています各項目は1~9までの数字が割り振られ、

この数字が小さいほど保険料が安く、大きいほど保険料が高くなります

a0960_006224

前例のスポーツカーのようなタイプは、事故のリスクが高いので数字が大きく、

一般的にコンパクトカーは事故のリスクが低いので数字が小さくなり、保険料に差が出るわけです。

この車両料率クラスは、損害保険料率算出機構というところが決定しています。

機構が決定した料率クラスは各保険会社が共通で採用しているので「A社とB社で料率クラスが違う」

ということはありません。

 

また料率クラスは毎年見直しされるのがポイントです。

おおまかに言うと「全国的に事故・盗難が多かった車」は料率クラスが

アップ=保険料が値上がりに。「全国的に事故・盗難が少なかった車」

は料率クラスがダウン=保険料が値下がりになります

 

あなたが、「自分は1年間無事故で保険も使ってないのに値上がりした!」

という方の場合、同じ型式の車が数多く事故や盗難にあったため…

という可能性があります。逆に事故や盗難が無ければ保険料が下がります。

任意保険を見積もりされる場合にはこの料率クラスを見てみてください。

 

この機会に自動車保険の見直しをされてはいかがでしょうか?

無料見積もりは下記バナーをクリックしてください⇓⇓



同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ