MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  自動車保険の等級とはどういう意味ですか?

自動車保険の等級とはどういう意味ですか?

自動車保険を契約する際に、必ず「等級」という言葉が出てきます。
この「等級」とはどういう意味でしょうか?

自動車保険の等級は、正式には「ノンフリート等級制度」といいます。
ノンフリートとは、所有する自動車が10台未満の契約に適用される、という意味です。
この「ノンフリート等級制度」(以下「等級」)は、クルマの所有者の事故歴に応じて
保険料の割増を行ったり、割引を行ったりする制度で、自動車保険料を決定するうえで
とても大きな意味を持っています。

自動車保険の等級は1から20等級の20段階に分かれています。
新規に自動車保険に加入した場合、6等級からスタートします。
(契約条件によっては7等級からスタートします)

そして、1年間、保険を使った事故がなければ次の年度は等級が1上がります。
万一事故を起こしてしまい、1回保険を使ったとすれば等級が3下がります。
2回事故があれば6、3回事故があれば9、といった具合に事故があれば
等級が下がっていく仕組みです。

この等級は、高い(数字が大きくなる)ほど割引率が高く、保険料が安くなります。
逆に等級が低い(数字が小さい)ほど割引率が低く、保険料が高くなります。
尚、1から3等級の場合は保険料が割増になります。
(契約条件によっては6から7等級でも割増になる場合があります)

自動車保険の等級は、一部共済を除き各保険会社で共通の制度です。
したがって、保険会社や代理店を変わりたいときには、この等級を次の保険会社で
引き継ぐことができます
外資系保険会社でも引き継ぐことができます。

a0960_006650

たとえば、あなたが現在15等級だったとします。
1年間事故がなかった場合、契約を更新すると16等級になります。
逆に、事故が1回あったとすれば12等級での更新となります。
更新の際に保険会社を変更しても等級は上記の例と同じです。

現在等級が20等級の方は、更新しても20等級です。
つまり、割引は最大であり、そこからは割引は増えません。
等級が1等級の方は、事故をしてもそこから等級は下がりません。

あなたの自動車保険証券を確認してみてください。
必ずどこかに「等級」の文字があるはずです。
等級が進めば進むほど、割引は高くなります。
次年度は何等級になるか、予想してみてください。

 

また、この機会に自動車保険の見直しをされては

いかがでしょうか?

無料見積もりは下記バナーをクリックしてください。


同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ