MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  自動車保険の保険料って、高いと感じますか?

自動車保険の保険料って、高いと感じますか?

自動車保険の保険料は安いにこしたことはありません。

しかし、「安かろう、悪かろう」では自動車保険の意味がないのです

自動車保険の基本の保険料が高くても、さまざまな割引を利用して保険料を安くすることはできます

年齢制限家族限定などはその一種で、これだけで何%かの割引になります。

自動車保険見積もり

また運転免許証がゴールドであるならば、自動車保険の割引が受けられます。

ゴールド免許は5年間の無事故無違反が原則ですから、

だれでも受けられるというものではありません。

シートベルトの違反でもゴールド免許は取り消されてしまうので、

自動車保険のなかでは受けるのが難しい割引だともいえます。

その点、年齢制限や家族限定などは、条件を満たせば割引を受けることができます。

自動車の設備による自動車保険の割引は、もっと簡単です。

割引の対象になる自動車を購入すれば、それだけで自動車保険の保険料が割り引かれます。

自動車保険の割引の対象となる自動車の装備は、多くが標準装備としてはじめからついています。

オプションで別につける必要もなく、最も簡単な自動車保険の割引だといえるでしょう。

無料の自動車保険一括見積もりサービス。こちらもご覧ください。

自動車保険の保険料が高いため、任意の自動車保険に加入しないかたもいます。

これは非常に危険なことで、無保険車が増えているために、トラブルも多くなっているようです。

そのため、各保険会社はさまざまな割引を適用して、自動車保険の加入者を増やそうとしています。

また自転車や原付などの特約の商品を提供することで、サービス内容を充実させています。



自動車保険は、もはや自動車だけのものではありません。

原付や自転車などに別に保険をかけるよりも得であるため、割引を増やし、

さらにサービスを充実させることで顧客を獲得しようとしています。

通信販売の自動車保険もそのひとつで、代理店を通さないことで、

保険料を安くするというものです。

ダイレクト契約の場合、保険料が安くなる可能性があります。

自動車保険は高いというイメージが、すっかり定着しています。

しかし、実際にはさまざまな割引の適用によって、それほど高くないのが実情です。

車を購入するときに、任意保険のことも併せて見直してみると、よいのではないでしょうか。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ