MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  対人、対物は無制限!その他はいくら加入するの?

対人、対物は無制限!その他はいくら加入するの?

自動車保険は、補償の金額や種類を自分で決めることができます。

それだけに、自動車保険でどのくらいの補償金額に設定したらいいのかがわかりません。

自動車保険に加入するとき、会社の側から大体の補償の種類を提示されます。

提示された自動車保険を自分の運転スタイルなどと比較して、

必要なものはつけ、不必要なものは省くのがいいと思います。

自動車保険見積もり

絶対に入っておきたい自動車保険が対人賠償と、対物賠償です。

これはどちらも無制限に設定すれば、どんな事故でも慌てることはありません。

自動車保険の「無制限」とは、過失の割合によって算定された金額は全額補償するという意味です。

相手の言うがままの金額が出るわけではないので、注意しておきましょう。

対人賠償を無制限に設定するのは、いうまでもありません。

相手は車だけとは限らず、歩行者や自転車バイクなども考えられます。

相手が死亡した場合、十分な補償をしようと思えば、

無制限に設定しておいたほうがよい自動車保険だといえます。

対物賠償は、基本的に事故の相手の車を基準に考えることが少なくありません。

しかし、休業補償営業補償などを考えると、これも無制限に設定しておいたほうがいい自動車保険です

お得な自動車保険がわかる!こちらもご覧ください。

人身障害補償は、自分が事故を起こしたときの過失の割合にかかわらず支払われる自動車保険です。

入院費やその後の生活などを考え、3000万円の保障から加入することができます。

ゴルフやスキーをする人がかけておきたい自動車保険は身の回り品担保特約です。

ゴルフバッグもスキー用品も、決して安いものではありません。

事故でこれらが壊れてしまった場合、補償があると安心して運転できます。

この保険は、破損だけでなく盗難などにも対応していますので、

車上荒らしに遭ったときにも泣き寝入りをしなくてすむといえるでしょう。



家族で原付に乗る人がいるなら、ファミリーバイク特約をつけておきましょう。

単独で原付に保険をかけるより、自動車保険にセットするほうが保険料は安くてすみます

原付は気軽に乗れるため、事故にもつながりやすいといえます。

自動車保険とセットにしておくことで、安心して原付を利用することができます。

生活賠償責任担保特約は、自転車を使う人が家族にいる場合に加入しておきましょう。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ