MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  無保険車は存在するの?いざというときの保険!

無保険車は存在するの?いざというときの保険!

自動車保険には、強制の自賠責保険と、

任意で加入するものがあります。

大抵の人は両方の自動車保険に加入しているものですが、

任意の自動車保険に加入していない方もいます



任意の自動車保険に加入していれば、

けがをさせたりモノを壊してしまった相手にも十分な補償をすることができます。

自動車保険の支払いは、事故の過失割合によって決まります。

過失が大きいほうがいわゆる「加害者」となるわけですが、

もし、自分は被害者になり死亡重度の後遺障害を負った場合で、

加害者側が任意の自動車保険に加入していない場合

十分な補償が得られないこともあります。

そういったときに役に立つのが、無保険車傷害保険です。

任意の自動車保険に加入していない車両も存在するため、

念のためにつけておいたほうがよい特約です。

自分が自動車保険に加入していれば、相手も加入していると思いがちです。

実際に大半の人は自動車保険に加入しているのですが、

乗る頻度が少ないなどの理由で加入していない人もいるのです。

月に数度しか車に乗らないのであれば、事故をする確率は少ないといえます。

しかし、事故に遭わない保証はありません。

お得な自動車保険がわかる!こちらもご覧ください。

若い人のなかには、強制の自賠責保険だけで十分と考えている人もいるからです。

実際には、自賠責保険だけでは被害者に十分な補償ができるわけではありません。

自動車保険が無いいじょう、自己負担でまかなわなければなりません。

自動車の使用頻度にかかわらず、運転をするならば自動車保険をかけておけば、

経済的な負担がなくてすみます。

自動車保険は掛け捨てになるので、もったいないと考える方もいるかもしれません。

でも、自動車保険はかけておいて使わないのが最もいいのです

多くの人は、ガン特約などのついた生命保険に加入していると思います。

ガンなどもかかるかどうかわからないものに、

保険料を支払っているのです。

自動車保険も、ガン保険などと同じです。

使うかどうかわからないけれども、もしものときのためにかけておくのが、

保険本来の意義です。

自動車保険見積もり

無保険車傷害保険は、本当にもしものときのために役に立つ保険です。

もし保険のかかっていない車両と事故を起こし、

何も補償がないという事態だけは避けられるのです。

相手に迷惑をかけないように、

そして相手に迷惑をかけられないようにしておくのが自動車保険なのです。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ