MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  読めばすっきり!自動車保険の仕組みを知ろう!!

読めばすっきり!自動車保険の仕組みを知ろう!!

自動車保険には、強制保険の自賠責保険、それに任意の自動車保険があります。

自賠責保険は、事故が起きた時の最低限の被害者救済のための保険です。

万一、事故が起きた場合、その加害者であれば、被害者に対して病院の治療費や慰謝料、搬送料などのお金を支払います。

事故が起きた場合には、結局すべてお金で解決することになります。

こうした、加害者が被害者に支払うお金を、損害賠償額といいます。

自賠責保険では、この額を保険金として支払ってくれます。



ただし、自賠責保険はその限度額が少ないので、この保険だけでは十分ではありません

自賠責保険で支払いきれない損害賠償額は、自費で支払うか、任意保険に加入してそこから保険金として支払ってもらうかのどちらかです。

交通事故は、傷害事故や死亡事故を引き起こし、多額の損害賠償金が必要となるので、出来る限り任意自動車保険に加入しておきたいものです。

自費ではなかなか、多額の損害賠償額を支払うことができません

また、事故が起きた場合には、事故の被害者が加害者の保険会社に損害賠償額を請求します。

これを、損害賠償請求といいます。自賠責保険と任意自動車保険が違う保険会社なら、双方に損害賠償請求をします。

任意自動車保険では、事故を一度起こすと、保険料が次年度からかなり高くなります。

けれども、強制保険では事故が何回起きたとしても、次年度からの補償が減ることもありませんし、保険料において変わることもありません。

それは、自賠責保険が、あくまでも被害者の立場に立った保険であるためです。

損害賠償額には、被害者が病院に入院して治療をするためのお金や、療養にかかったお金、それに休業の保障費が入ります。

このように、自動車事故がすべてお金で解決されるということになると、事故を起こした加害者と被害者の間で、

どれだけのお金を補償するかの話し合いが行われます。これを示談といいます。

自動車保険見積もり

任意自動車保険には、こうした示談も保険の担当者が行ってくれるので、保険の加入者が直接示談をしなくても済みます

任意自動車保険がすべて示談交渉をしてくれるというものではなく、あくまでも自動車保険の契約時に決まります。

示談がうまく行かない場合、裁判に持ち込まれる場合もあります。

こうした裁判の費用も、任意自動車保険では、保険金として支払われる特約もあります。

任意自動車保険は、自動車保険に加入する時に、色々な条件を特約として付加できます。

自分に合ったプランを検討しましょう。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ