MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  原付には必須!ファミリーバイク特約に加入しよう!!

原付には必須!ファミリーバイク特約に加入しよう!!

自動車保険の任意保険に家族の誰かが加入していれば、ファミリーバイク特約を付けることができます。

自動車保険にファミリーバイク特約をつければ、家族の誰かが125CC以下のオートバイに乗っていて事故を起こした場合に、

自動車保険と同じ条件で補償を受けることができます。

しかも、ファミリーバイク特約は、年間1万円程度の保険料で自動車保険と同じ保障が付けられるのでとてもお得な保険です。

自動車保険見積もり

家族のうち、オートバイに乗る人が、家族と別れて一人暮らしをしていても、ファミリーバイク特約の対象になります

自動車保険の任意保険には、ノンフリート等級があり、事故を起こした場合には等級が下がり、

保険料の割合が次年度から高くなる仕組みになっていますが、ファミリーバイク特約でオートバイの事故が起きても、

ノンフリート等級にはカウントされないことになっています。

ただし、ファミリーバイク特約では、自動車保険に搭乗者傷害補償が付いていても、補償されない場合があります。

ファミリーバイク特約には、自損型人傷型の二つのタイプがあります。

自損型か人傷型かを自動車保険契約時に選ぶことが出来る自動車保険もありますが、

最初から決まっていて選択できないものもあります。

自損型は、搭乗者傷害補償が付かないタイプで、人傷型は搭乗者傷害補償が付くタイプです。

もちろん、人傷型の方が、保険料は高くなります。搭乗者傷害補償というのは、オートバイを運転している本人と、

そのオートバイに乗っている搭乗者の傷害補償です。自損型では、搭乗者が家族である場合には、事故が起きても傷害補償が付きません。

バイク保険

ただし、家族以外の人をオートバイに乗せていて事故が起きた場合には、自動車保険の対人賠償で補償されます。

自損型は、オートバイ同士やオートバイと車での事故なら、相手の自動車保険から対人賠償保険で補償されることから、

搭乗者傷害補償が付いていないと考えられます。自動車保険に加入する場合には、ファミリーバイク特約を付ける時のことを考えて、

人傷型で加入ができるかも、確かめておくと良いでしょう。ファミリーバイク特約を付けている場合、

他人のバイクを借りて運転していて、事故に遭った場合でも自動車保険は適用されます。

また、家にオートバイが何台あっても、125CC以下であれば、自動車保険の適用となります。

ファミリーバイク特約は、その保険料にしても一月1000円程度の掛け金で加入できるので、お得な自動車保険と言えます

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ