MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  万一の時も安心?自動車保険と交通事故!

万一の時も安心?自動車保険と交通事故!

自動車保険は、万一車を運転している時に事故が起きた場合、保険担当者に示談交渉をしてもらったり、

補償額を支払ってもらったりするものです。ただし、自動車保険に入っていれば、

すべて保険会社に任せておけばよいというものではありません。あくまでも、事故を起こした場合

自分が加害者であればなおの事、事故後の処理や警察への通報、被害者救済のための一連の行為の後、

被害者へのお見舞いをするのは当たり前のことです。こうしたことはすべて、自動車保険に入っていても入っていなくても、

しなければなりません。被害者の搬送先の病院にお見舞いに行くことで、治療費の確認をすることも必要です。



そして、最後に示談です。示談とは、交通事故をお金で解決するための話し合いです。

最後は、被害者に対して、慰謝料という形でお金を支払うことで事故を解決します。

示談の交渉は、90%が自動車保険会社の担当者によって代理で行われています。

また、車対車の事故に関しては、過失割合が発生します。事故を起こした責任が重い方が過失割合は大きくなります

止まっている車に当たって事故が起きた場合には、過失割合は、0対100になります。

また、人身事故においても、歩行者が急な飛び出しなどをして、避けることが出来ない場合や、

歩行者が信号無視をして横断歩道を渡った場合には、歩行者にも過失割合は発生します

自動車保険見積もり

このように、交通事故は、事故の過失割合に応じて、補償額が決まってきます。ただし、

自動車保険は、事故を起こした人のためのものであり、もし事故が起きなければ、一年間の保険料は戻ってきません。

もちろん、誰でも自動車事故は起こしたくありませんから、自動車保険を使いたい人はいないでしょう。

自動車保険は、交通事故に備えて加入するものです。そこで、自動車保険に加入する目的をまず考えてみることが大切です。

もしも、事故が起きた時のサービスを一番に考えるなら、保険代理店の自動車保険に加入するのが良いでしょうし、

自動車保険料をできるだけ安く抑えたいなら、ダイレクト損保の自動車保険が良いでしょう。

車対車の交通事故が起きた場合に、相手がすべて任意保険に加入しているとは限りません

もし、相手が、交通事故の加害者であり、任意保険に加入していないなら、被害者の損害賠償は補償されません。

けれども、自動車保険の中には、相手が任意保険に加入していない場合でも、保険金が支払われるものもあります。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ