MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  大きく分けて2種類!自動車保険の販売方法とは?

大きく分けて2種類!自動車保険の販売方法とは?

自動車保険の販売方法は、従来からある代理店型とインターネットを利用した通信販売型の二種類あります。

通信販売型の自動車保険は、歴史に新しく、仕事で忙しい人にとっては、24時間いつでも自動車保険の資料請求や、

自動車保険に加入することが出来るのでとても便利です。自動車保険のこれらの販売方法においては、

代理店型よりも通信販売型の方が、自動車保険料は安くなります。ただし、通信販売型は、担当者に話を聞きながら、

自動車保険に加入するわけではありませんから、資料を自分で取り寄せ、保険内容を自分で確認し、判断しなければなりません。

また、インターネットや電話と言った通信手段がすぐに取れる人でなければなりません。つまり、自動車保険選びも、

自分で判断して自分で考える時代になってきたと言えます。そして、もし、インターネットから自動車保険の加入手続きをすると、

自動車保険料は20%や30%といった割引がある自動車保険もあります。大手自動車保険会社の中には、

代理店型の自動車保険販売専門の部門と、通信販売型専門の部門とに分けて販売しているところがあります。



もちろん、通信販売型の自動車保険販売のほうが、自動車保険会社にとっても、人件費が削減されるので、

保険料がその分安くなるようになっています。最近では、通信販売型の自動車保険に加入する人が増えつつあります。

それは、テレビやラジオ、インターネットなどにこうした自動車保険のコマーシャルが流れているからだと言えます。

インターネットのコマーシャルでは特に、決まった時間帯でコマーシャルが流れることはなく、

24時間いつでもパソコンを開く人が目にするようになっています。

自動車保険見積もり

少しでも自動車保険を安く、そして大きな補償を得るために、

自分で自動車保険を研究していくことは、自動車を運転する上での安全への意識にも繋がります。一方、代理店型の自動車保険販売方法では、

代理店の担当者を信頼して自動車保険を選ぶ形になっています。その意味では、代理店の担当者は、自動車保険の専門家であり、

またその人間的な人柄も大切になってきます。事故を起こした時の心理的な不安も、こうした代理店の担当者が付いていることで、

和らぎます。また、代理店型の自動車保険のほとんどに、ノンフリート等級があるので、車両保険を掛けている場合には、

保険を使うほうが良いか、使わないほうが良いかと言った判断も、担当者に尋ねることが出来ます。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ