MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  対物賠償保険とは?自動車保険には必須の賠償!!

対物賠償保険とは?自動車保険には必須の賠償!!

実際に、自動車事故で保険金が支払われるのは、対人賠償よりも対物賠償の方が多いと言えます。

車を運転している時に起きる事故は、対人事故よりも対物事故の方が、

その被害額は少ないように考えられがちですが、実際にはそうとは限りません。

例えば、橋の欄干に衝突して、自動車保険の対物賠償保険に加入していなければ、

その修理費として、億近くのお金がかかります。また、もっとも対物賠償額が大きいのが、

人気の競走馬を乗せた車との衝突事故です。これによる対物賠償額は何十億もの被害額として、加害者に請求されます。



自動車保険は、めったに起こらない万一の事態のために加入するわけですから、

これはめったに起こらないからという考えで自動車保険への加入を止めず、対物賠償保険はぜひ入っておきたいものです。

対物賠償保険に加入する場合は、たいていは1億円までという風に、保険の賠償額を自分で設定しますが、

出来れば無制限で加入するのが良いでしょう。ただし、無制限の対物賠償保険を付けると、自動車保険料がかなり高くなります。

そこで、自動車保険料を出来るだけ安く抑える方法として、免責を付けると良いでしょう。免責額は、3万、5万、10万というように、

事故が起きて対物賠償を保険会社に請求するごとに高くなっていく設定が一般的です。

例えば、免責額が3万円で、対物損害賠償請求額が10万円なら、3万円を自己負担で、後の7万円を自動車保険会社から支払ってもらえることになります。

自動車保険見積もり

もちろん、免責を付けない人もいますので、その場合は免責0となります。事故が起きた場合には、

その被害者が加害者の自動車保険会社に直接対物賠償を請求しなければなりません。ただし、対物賠償保険に加入していても、

自動車保険金が支払われない場合もあります。それは、自動車保険契約者や記名被保険者が故意に対物事故を起こした場合や、

記名被保険者の所有物などに損害を与えた場合や、台風、洪水、高潮などといった自然災害が起きた場合などです。

ただし、対物賠償保険は、保険契約者が酒酔い運転や無免許運転などで事故を起こした場合には、被保険者に対して、保険金が支払われます

これらは、自動車保険の対物賠償保険が、被害者救済の立場に立って考えられているからだと言えます。

また、対物賠償保険には、対人賠償保険と同じように、事故が起きた時に示談交渉を加害者に代わって自動車保険会社が直接してくれるサービスが付いているものがあります。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ