MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  自動車保険の「リスク細分化」とは?

自動車保険の「リスク細分化」とは?

最近では、テレビやラジオで自動車保険のコマーシャルが頻繁に流れるようになりました。

それは、自動車保険の種類が多くなってきたことや、外資系の自動車保険から生まれた、

リスク細分化型自動車保険が導入されたことからだと言えます。リスク細分化型自動車保険は、

自動車の運転において、リスクの少ない人には自動車保険料を安く、

そして一定期間の走行距離が長い人には自動車保険料を高くするというリスクに比例した保険です。

自動車保険見積もり

この保険は、1997年から日本で認可され、導入されました。テレビコマーシャルでは、

35歳の主婦の人で、車にほとんど乗らないといった例や、60歳の人で週末にしか車を運転しないといった例が示され、

保険料が通常の自動車保険料と比べて、最高で4割も安くなるよう宣伝されています。リスク細分化型自動車保険は、

走行距離の他、運転免許証がゴールドカードであったり、車にエアバッグなどの安全装置が付いていたりすると、

保険料が安くなるように設定されています。ただし、コマーシャルには示されていない、10代や20代の若者にとっては、

リスクと言った面では大変危険度が高く、通常の自動車保険よりも逆に高くなってしまいます。また、反対に高齢者であっても、

危険度が増すため保険料がアップします。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

そこで、テレビやラジオのコマーシャルだけで判断せず、

必ず自分のライフスタイルに合った自動車保険を選ぶべきだと言えます。こうした、リスク細分化型の自動車保険には、

いままであった特約が無い場合もあります。自動車保険を見直す場合、

通常の自動車保険ならノンフリート特約の等級が次の自動車保険に引き継ぐことが出来るので、保険料だけを考えずに、

こうした特約についても考えたいものです。最近では、リスク細分化型の自動車保険にロードサービスも付加している保険が増えてきました。

これに伴い、日本国内の自動車保険もロードサービスを付けるようになってきました。ただし、こうしたロードサービスは、

自動車保険によってすべてが無料になるのではなく、レッカー移動は有料など、条件が違ってきます。リスク細分化型の自動車保険と言っても、

保険料に算出される項目が、自動車保険会社ごとに違うので注意が必要です。これらの項目には、男性より女性の方が保険料が安くなる、

性別の項目があったり、事故が起きやすい地域に住んでいるかどうかや、自動車の種別による項目も保険料の算出に使われます。

自動車保険見積もり

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ