自動車保険に車両保険は必要?事故の際に困らないために!?

MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  自動車保険に車両保険は必要?事故の際に困らないために!?

自動車保険に車両保険は必要?事故の際に困らないために!?

車に乗っている人が万一事故を起こした場合には、自分の車の損害賠償は、事故の責任割合によって補償額が変わってきます。

もし、自動車事故の責任割合が5分5分であれば、相手の自動車保険から車両の損害賠償額の半分が保険金として支払われます。

ただし、後の半分は自費で車を修理しないといけないことになります。そこで、任意自動車保険に車両保険も付加して加入しておくと、

残りの半分の損害賠償額は、自分の自動車保険から支払われることになります。もし、自動車保険の車両保険に加入していなければ、

100%相手が悪い場合で、加害者が自動車保険に加入していなくて、補償が受けられない場合には、すべて自己負担となってしまいます。

自動車保険見積もり

ただし、車両保険は、任意の自動車保険の中で、保険料が高くなるので、加入しない人もたくさんいます。自動車保険会社の中には、

車両保険を車対車に限って付けることも出来ます。

事故を起こした時の示談交渉もしてもらえます。

また、自動車保険に車両保険を付ける場合には、免責金額を付けることができます。例えば、免責金額が5万円とすると、

一度の事故で10万円の車両の修理費が要った場合、そのうちの5万円を車両保険から支払ってもらうことが出来ます。

免責金額は、1回目よりも2回目の方が、また2回目より、3回目の方が高くなっています。

また、車両保険に加入する場合の保険料は、車の本体価格に応じて決まります。車の本体価格が高ければ、

修理費も高くつくので保険料もそれに比例していきます

自動車保険見積もり

最近では、車にカーナビゲーションや、オーディオセットなどの特別装備が付いている車が多くなってきました。

けれども、車両自動車保険においては、車の本体価格で補償されますから、こうした車の特別装備に関しては、保障されません。

事故が起きた場合に、車両自動車保険においては、全額保障は出来ないと言えます。ただし、自然災害に遭った場合や、

車の盗難に遭った場合には、車両保険で補償されることになっています。

実際のところ、自動車保険の車両保険は、車が高価であればあるほど、保険料がかなり高くなります

そこで、車対車に限って車両保険を付けるといった選択をされる方もいます。

事故が起きた時に示談交渉がしてもらえるのは安心と言えます。

インズウェブ自動車保険一括見積もり

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ