MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  自動車保険の弊害はあるの?自動車保険の役割とは

自動車保険の弊害はあるの?自動車保険の役割とは

車に乗るすべての人が、事故を起こす可能性を持っています。

車を運転する人は、もし事故が起きたとしても、そして、

被害者が傷害を負ってしまっても、十分な補償ができるように自動車保険に加入します。

お金が十分に無く、加害者が被害者に対して治療費や慰謝料を支払うことが出来なくても、

保険会社が自動車保険の加入の範囲内で支払ってくれます。



自動車保険は、車に乗る人には必要なものです。

自動車保険は、事故が起きた場合、強制加入の自賠責保険で補償して、

それで足りない部分について任意保険で補償することになっています。

これは、決して加害者にお金を出させるものではありません。加害者が裕福な人であろうと、

生活に苦しい人であろうと、自動車保険に加入していれば、自分のお金は一切出さなくてもいいのです。



本来は、すべての加害者が自分で被害者のところへ訪れ、誠心誠意を尽くし、

補償にかかるお金も自分で働いて支払っていくというものです。

自動車保険が車を運転する人には必要であることは確かですが、

自動車保険の本来の意味やあり方を、いまひとつ立ち止まって考えてみるのも必要だといえます。

また、事故が起きたとき、その被害者が、保険金を必要以上に保険会社に請求したりすることもあります。

事故に遭って、傷害を受けた場合、人の体の中は目に見えないものなので、すぐに保険で解決しようとするのは問題がありますが、

示談をできるだけ長引かせたり、法外な要求をしてくる例もあります。

こういった人達の中には、故意に事故を起こし、被害者の振りをして、保険金を騙し取る人もいます。

こういった事は、犯罪でもありますので、絶対に行ってはなりません

人の命を守るのは、運転のマナーであって、自動車保険ではありません。

日本は今車社会になって、安心を得るために自動車保険に加入することを勧めていますが、

それは決して、悪い動きではありません。

バイク保険

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ