MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  当て逃げで自動車保険を使った場合、等級は下がりますか?

当て逃げで自動車保険を使った場合、等級は下がりますか?

クルマを駐車場に駐めていて、戻ってみるとあなたのクルマがひどい目に!

なんていう経験はありませんか?

不運にもあなたのクルマが当て逃げに遭い、自動車保険で修理をした場合、

その等級は下がってしまうのでしょうか?

 

答えは下がってしまいます

 

まず、当て逃げの際に自動車保険を適用してクルマを修理をする場合、

一般型」の車両保険に入っていないと修理はできません。

自動車保険証券を確認し、車両保険の項目が「一般型」になっているか確認してみてください。

「エコノミー」タイプや「車対車+A」となっている場合、当て逃げの修理には

保険が使えませんので注意が必要です。

 

そして、「一般型」の車両保険で自動車を修理する場合、保険適用した場合には、

翌年の更新や切り替えの時には自動車保険の等級が3等級ダウンし、さらに

事故有係数3年を適用されます。

つまり、事故がなかった場合に比べ、3年間は保険料が割高になってしまうのです。

a0002_012106

また、車両保険には「免責」金額が設定されていることがよくあります。

一回目の事故は0円でも、2回目の事故で10万円の免責金額が設定されている

ケースもあります。

 

したがって、当て逃げに遭った場合、「一般型」の車両保険で修理することはできますが、

修理代金によっては保険適用しない方がよいケースも発生します。

例えば、修理代金が数万円の場合、次回の保険料がアップすることや

2回目事故の際の免責金額のことを考えると、保険適用をしない方がよいかもしれません。

 

保険適用の申請をする前に、保険会社や代理店の担当者に

保険適用した場合の次回等級や保険料を確認し、

それから保険適用すべきかどうかを考えましょう。

 

当て逃げという不運に遭遇し、冷静さを失って、損してしまった、

などということのないように十分に気を付けましょう。

 

あわせて、自動車保険の見直しをされてはいかがでしょうか?

無料見積もりは下のバナーをクリックしてください。


同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ