MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  特約も考慮しよう!人身傷害保険は自転車事故でも使える!

特約も考慮しよう!人身傷害保険は自転車事故でも使える!

あなたの自動車保険には、ご自身のケガの補償として
「人身傷害保険」が付帯されている方が多いと思います。
この保険、実は複数のクルマをお持ちの方には
見直しのポイントでもあるのです。

ですので、少し詳しく解説したいと思います。

人身傷害保険には、契約車両搭乗中のみ補償されるタイプと、
他のクルマや自転車に搭乗中、または歩行中の自動車事故にも対応できるタイプの
2種類があります。

前者は、契約車両に搭乗中の方全員のケガをカバーすることができます。
運転中のあなたや同乗中のご家族も対象になります。

後者は、契約車両に搭乗中の場合だけでなく、
歩行中にクルマにはねられた場合や、自転車でほかのクルマに接触した場合の
ケガの補償にも適用されます。

しかも、この保険は同居のご家族や別居の未婚の子供にも適用されます。
したがって、後者のタイプはご家族で複数のクルマの自動車保険を契約している場合、
どれか1台のクルマが加入しているだけでご家族はカバーできます。

ですので、任意保険の見直しをする際は、ご家族全員の自動車保険証券を
並べてみてください。そして、「人身傷害保険」の欄をチェックしてみてください。
ここで、「搭乗中のみ」と記載されている場合は、契約車両に搭乗中のみ補償されます。

何も記載がない場合、契約車両に搭乗中以外の事故も補償されるタイプに
加入している場合が多いです。
複数の車両の人身傷害保険がこのタイプの場合、見直しができるでしょう。

ちなみに、万一の事故で、人身傷害保険のみ適用し、支払いを受けた場合、
契約自動車の事故とはなりません。例えば、あなたの奥様が自転車運転中に
クルマと接触し、人身傷害保険を適用した場合、モトの契約は無事故として
取り扱われます。

したがって、どの車が人身傷害搭乗中のみであっても大丈夫です。

保険料の見直しを検討しているあなた、ぜひこの点を確認してみてください。

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ