リスク細分型自動車保険は安いとは限らない!自動車保険の落とし穴

MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  リスク細分型自動車保険は安いとは限らない!自動車保険の落とし穴

リスク細分型自動車保険は安いとは限らない!自動車保険の落とし穴

リスク細分型自動車保険」という言葉を聞いたことがありますか?

あなたも一度は聞いたことがあると思います。

これは、従来の自動車保険よりもクルマを運転される方やその使い方を細かく設定し、

保険料に反映させる新しい自動車保険です。

例えば、主に運転する人の運転免許証の色や、クルマの主な

使い方などを設定する、というタイプ自動車保険です。

 

この方法だと、あなたの運転免許証の色がゴールドの場合や、

主なクルマの使い方が日常・レジャー使用の場合、保険料が安くなることがあります。

 

最近の自動車保険では、保険会社によってはさらに細かく項目を設定し、

保険料を抑えている保険会社もあります。

クルマの年間走行距離やハイブリッドカー割引など、

保険会社により設定できる項目は様々です。

a0960_006746

実は、これらの項目は、たくさん設定すればするほど、

クルマをあまり使わない、事故をする可能性が低い方の方が

保険料が安くなる可能性が高いです

逆に、クルマをたくさん使う方は保険料が割高になる可能性が

ありますので、注意が必要です

 

例えば、あなたがクルマを通勤に使う、または業務に使っている、

あるいは免許証がブルー、年間の走行距離が15000㎞を超える、など、

事故を起こす可能性が高いと判断される項目に該当する場合

リスク細分型自動車保険では割高になることもあります。

 

したがって、リスク細分化型保険は必ず保険料が安くなる、というものではなく、

条件が当てはまった場合、安くなる方がいらっしゃる反面、おクルマの使い方によっては

高くなる可能性もある、ということになります。

 

ただし、安くなるからといって虚偽の申告をしてはいけません。

あなたの免許証の色を偽って申告したり、通勤に使用していることを

隠してはいけません。これらを正しく申告しないと、万一の時に

保険が適用されない場合がありますので、ご注意ください。

別のページでこれらの設定について詳しく触れていますので

ご参照ください。

こちら

 

この機会に、自動車保険の見直しをされてはいかがでしょうか?

無料見積もりは下記バナーをクリックしてください。⇓⇓
インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ