MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  搭乗者傷害は必要ない!私が人身傷害に加入する理由!

搭乗者傷害は必要ない!私が人身傷害に加入する理由!

自動車保険の補償内容には、対人賠償対物賠償など、

万一の事故の際に相手のケガやモノを賠償するための補償と、

人身傷害補償搭乗者傷害補償などのように、

運転中のあなたや同乗者の方のケガを補償する内容のものがあります。

 

このうちの「人身傷害補償」と「搭乗者傷害補償」ですが、

どちらもあなたや同乗者の方がクルマに乗っている時のケガの補償です。

FPトモゾーは搭乗者傷害には加入せず、人身傷害のみに加入することを

おススメします

 

その理由は、人身傷害補償と搭乗者傷害補償の両方に加入すると、

補償の重複になり、支払う保険料のムダなる場合があるからです。

では、搭乗者傷害補償のみに加入でもいいのでは?

と感じるかもしれません。ですが、搭乗者傷害補償のみに加入していると、

あなたや同乗者の方に対するケガの補償が不足する場合があるのです。

 

人身傷害補償と搭乗者傷害補償の違いは、それぞれの保険金の支払われ方の違いに

あります。人身傷害は治療に要した実額の補償(加入価額まで)、

搭乗者傷害は定額払いです。

a0850_000421

仮に、あなたが事故でケガをして通院し、

治療費が日額10000円かかったとします。あなたが加入している補償内容が

搭乗者傷害補償の通院日額5000円の補償だと、半分しか出ないことになるのです。

ただし、このケースで日額20000円の補償に加入していれば、

20000円支払われるため、10000円儲ける結果になります。

 

ですが、通院で儲けるケースは少なく、不足するケースの方が多いと思います。

したがって、儲けるケースはないですが不足することのない人身傷害の方がおススメです。

 

ちなみに、搭乗者傷害補償と人身傷害補償の両方に加入していれば二重に支払われます

二重に支払われればいいのですが、その分、支払う保険料も高くなります

 

あなたの自動車保険に無駄がないか見直す際、人身傷害と搭乗者傷害の

二重に加入していないか、見積もりをチェックしてみてください。

当サイトの別のページでも、人身傷害については触れています。

併せてお読みください。

人身傷害と搭乗者傷害の違い

 

この機会に自動車保険の見直しをされてはいかがでしょうか?

無料見積もりは下記バナーをクリックしてください⇓⇓
インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ