MENU
見直し・満期 わかりやすい保険 TOP  >  未分類  >  両方必要?人身傷害補償と搭乗者傷害補償の違いは?

両方必要?人身傷害補償と搭乗者傷害補償の違いは?

自動車保険の補償内容うち、運転中のあなたや同乗者のケガを補償する保険が

人身傷害補償搭乗者傷害補償です。これらの補償はどちらも

自分と同乗者に対する保険ですが、両方に加入する必要はあるのでしょうか?

 

人身傷害保険と搭乗者傷害保険の主な違いは、

保険金の支払われ方の違いです

人身傷害補償はケガが発生した場合に治療に要した実際の額が支払われます。

一方、搭乗者傷害は受傷部位や通院・入院日数などによって一律に決められた額が支払われます。

尚、どちらの補償もあなたの過失は関係なく支払われます。

 

したがって、人身傷害補償と搭乗者傷害補償の両方加入している場合、

ケガが発生した場合には、人身傷害から治療に実際に要した額、

搭乗者傷害から一律の決められた額

(例えば、一日通院で5000円、受傷部位に応じて10000円など)

が別々に支払われるため、手厚い補償が受けられます。

 

しかし、人身傷害、搭乗者傷害の両方から支払われるため、

保険料節約の観点からは、無駄の部分とも考えられます。

a1810_000015

保険料を節約するために、どちらか一方に、となれば人身傷害補償

を選択しましょう。理由は、搭乗者傷害だと一律支払いのため、

治療費が不足する場合があるからです。

 

さらに、節約するために、人身傷害の「搭乗中のみ」を選ぶこともできます。

「え?クルマの保険だから搭乗中は当たり前でしょ?」と

お考えになられたかもしれませんが、実はクルマに搭乗中以外も

この人身傷害補償は適用されます。それは、自転車などの交通乗用具を

利用中に自動車と接触した場合のケガも、この保険が適用されるのです。

しかも、これは一家に一台あれば、家族全員に適用されるため、

あなたが複数台のクルマを所有している場合は、1台人身傷害補償が付いていれば

その他のクルマは人身傷害「搭乗中のみ」を選択でき、保険料の

節約ができます。

 

少し細かい部分ですが、見積もりを比較する場合には、搭乗者傷害、

人身傷害の部分を今一度確認してみてください

この機会に自動車保険の見直しをされてはいかがですか?

無料見積もりは下記バナーをクリックしてください⇓⇓⇓
インズウェブ自動車保険一括見積もり

同じカテゴリー「未分類」の一覧

リスク細分化保険とは、新しいタイプの自動車保険

自動車保険は保険ですから、リスク比率により保険料が算定される形となります。 自動車保険の場合、1998年度の自由化まではある程度リスク評価が決められていましたが、 自由化後はそのリスク評価の細分化がさ […]

記事の続きを読む

自動車保険の契約内容ってどんなものがあるの?

自動車保険を契約した場合、基本の保険の契約として、 ・対人賠償責任保険 ・対物賠償保険 ・搭乗者損害保険または人身傷害保険 ・車両保険 などを選択します。 一番安い自動車保険がわかる! そのときに、各 […]

記事の続きを読む

自動車保険に加入を検討する際のポイントを教えてください。

自動車保険の契約のポイントは、保険料と必要な補償範囲についてであります。 自動車保険は、自動車運転の際の事故に対する補償ですから、それらの条件をよく考える必要がありますし、 保険料の部分についても、充 […]

記事の続きを読む

自動車保険の保障内容にはどのようなものがありますか?

自動車保険には、保障内容として各種のものがあります。 その自動車保険の保障内容について、説明していきます。 ・対人賠償保険:自動車保険で保険金が支払われる対象として、事故で他人を死亡させたり、 怪我を […]

記事の続きを読む

若い人は高い?自動車保険料の基本的な考え方!

自動車保険は、1998年までは車の種類・自動車保険の被保険者、 及び当該自動車の運転者の年齢と範囲、・現在までの自動車保険の使用の頻度などで、 自動車保険の保険料が、原則として決まってきました。 自動 […]

記事の続きを読む

人気記事ランキング

FP トモゾーのプロフィール

FPトモゾーことファイナンシャルプランナーの本田智之です。よろしくお願いします。

プロフィールの続きを読む

    Copyright© 2020 見直し・満期 わかりやすい保険

    ページトップ